マンガ・アニメ検定for 『アクセルワールド』 マニアクイズ

MORIMOTO LABO

Platform: Android
App ID: net.jp.apps.rikutogure.akuseruwarldmania
Price: Free
Category: Entertainment
App is no longer available in the app store
1
SDKs Installed
0
SDKs Uninstalled
Last Scanned: 813 days ago

Installed SDKs

  • web-development-platform (1)

Description

このアプリは『アクセルワールド」についての検定クイズアプリです。人気のあるが検定アプリやクイズアプリがまだないようなので非公認検定アプリとして作りました。ファン必見のあぷりです。ぜひ挑戦してください。『アクセル・ワールド』は、川原礫による日本のライトノベル。イラストはHIMAが担当。電撃文庫(アスキー・メディアワークス)より、2009年2月から刊行されている。略称は「AW」。第15回電撃小説大賞〈大賞〉受賞作。小説投稿サイト『Arcadia』にて攻打引(せめだいん)名義で『超絶加速バースト・リンカー』(ちょうぜつかそくバーストリンカー)というタイトルで発表されたのが初出で、その際タイトルが不評だったため改題のうえで応募された。1巻の巻末には、川上稔による短編とキャラクター紹介が付されている。2014年12月現在の発行部数は420万部。『電撃文庫MAGAZINE』2010年5月号(Vol.13)から、作画・合鴨ひろゆきによる漫画版と、あかりりゅりゅ羽によるパロディ4コマ漫画『あくちぇる・わーるど。』の連載が開始された。2010年6月24日、コナミのトレーディングカード「らのべ×トレカ」シリーズから『らのべ×トレカ〜電撃文庫編〜 アクセル・ワールド 「もっと先へ……《加速》したくはないか、少年」』が発売された。2010年10月7日には続編の『らのべ×トレカ〜電撃文庫編〜 アクセル・ワールド 「この銃が、あたしの最強の武器だって言ったら信じる、お兄ちゃん?」』が発売されている。2011年10月にアニメ化とゲーム化が発表された。テレビアニメは2012年4月から9月まで放送された。アニメ化に先がけてドラマCDが発売されている。さらに2016年7月には劇場アニメ『INFINITE∞BURST』が公開された。『月刊コミック電撃大王』2012年3月号から、作画・笹倉綾人のスピンオフ作品『アクセル・ワールド/デュラル マギサ・ガーデン』の連載が開始された。あらすじは、2046年、ニューロリンカーというウェアラブルコンピュータを用いることで生活の半ばが仮想ネットワーク上で行われるようになっても、未だ人が現実社会の軛から逃れられずにいる世界。東京都杉並区にある私立梅郷中学校に通う少年ハルユキは、小柄かつ肥満体型と内向的な性格から、幼少期の頃よりいじめや嘲りの対象となり、辛い日々を送っていた。いじめは中学に入学してからも収まらず、ハルユキはままならない現実を呪いながら学内ローカルネットの片隅に設置されているスカッシュゲームのスコアを伸ばすだけの日々を送っていた。そんなある日、ハルユキは副生徒会長を務め周囲から羨望の眼差しを受ける美貌の上級生黒雪姫から謎めいた言葉を告げられる。「もっと先へ――『加速』したくはないか、少年」戸惑いながらも黒雪姫の誘いに応じたハルユキは、有線直結通信で謎のアプリケーションソフト「ブレイン・バースト」をインストールされる。それはニューロリンカーの量子接続に作用し、思考を一千倍に加速するという驚くべきアプリケーションだった。こうして、ブレイン・バーストのプレイヤー「バーストリンカー」になったハルユキは、デュエルアバター「シルバー・クロウ」を操り、もう一つの世界である「加速世界(アクセル・ワールド)」で繰り広げられる戦いに身を投じていく。 This appIt is a test quiz app for the "Accel World".So there is no still a popular test apps and quiz appI made as a non-certified test app.Fan is a must app. Please by all means challenge."Accel World" is, of Japan by Reki Kawahara light novel. Illustrations charge of HIMA. From Dengeki (ASCII Media Works), it has been published from February 2009. Abbreviation "AW".15th Dengeki Novel Prize winners. Retitled novel in the post site that was announced in Osamuda argument (Cemedine) name in the "Arcadia" under the title "transcendence accelerated burst linker" (transcendence accelerated burst linker) first appearance, since that time the title was unpopular It was submitted on. The at the end of Volume 1, short story and characters introduced are assigned by Minoru Kawakami. Circulation of December 2014 currently 420 million copies."Dengeki MAGAZINE" 2010 May issue from (Vol.13), and a cartoon version by drawing-duck Hiroyuki, Akari Ryuryu feathers by parody four-frame comic "Akucheru World. Series of "has been started.June 24, 2010, "Do not want to ......" accelerated "to Ranobe × trading card - Dengeki Hen Accel World" more ahead, boy. ' "From the trading card" Ranobe × trading card "series of Konami released It has been. "Ranobe × trading card - Dengeki Hen Accel World" this gun is, believe I say Even I of the strongest weapon, brother? ' "The sequel to the October 7, 2010 has been released is.Anime and the game of was announced in October 2011. TV anime was broadcast from April to September 2012. Drama CD has been released prior to animated. In addition theater anime "INFINITE∞BURST" was published in July 2016.From "Dengeki Daioh" March 2012 issue, series spin-off work of drawing-ayato sasakura of "Accel World / Deyuraru Magisa Garden" has been started.Synopsis,2046, the world is also adapted to the middle of the living by the use of a wearable computer called neuro-linker is performed on a virtual network, which still person is not escape from the yoke of the real world.Boy Haruyuki attending private Baigo junior high school in Tokyo Suginami-ku, is, from the introverted personality and petite and obese, it becomes bullying and ridicule of the subject than the days of childhood, had sent a painful day-to-day. Bullying is not fit even after enrolled in junior high school, Haruyuki was sent a day-to-day only extend the score of the squash game which is installed in a corner of the campus local net while curse Mamanaranai reality. One day, Haruyuki is told the words mysterious from upperclassman black Yukihime of good looks to receive the envy of look from around the vice president of the student council."To more ahead -" acceleration "or do not want to, boy."Haruyuki also in accordance with the invitation of the black Yukihime while confusion is installed in the mystery of the application software, "Brain burst" in wired direct communication. It acts on the quantum connection of neuro-linker, was a surprising application that accelerates to one thousand times the thought.In this way, Haruyuki became player "burst linker" in the brain bursts, puppet Duel Avatar "Silver Crow", cast himself in the battle to be waged in the which is the other one of the world's "acceleration World (Accel World)" To go.

Publisher: MORIMOTO LABO

Number of Apps: 302, including
Latest Update/Release: 785 days ago

Rating:

No Rating

Last Update

1.0.0
Released January 30, 2017

Requested Permissions:

No data

User Base

Firmographic Data

No Rankings Data
No Ad Intelligence Data